使える英語は無料のYoutubeを教材代わりにできる

コミュニケーションとして使える英語を習得したいのならば
やはりリスニングとスピーキングの能力は外す事は出来ません。

 

英語の読み方は比較的直ぐに身につくものですが、
日本人が苦手なものとしての「発音」は習得までに時間が掛かります。
特にTHやLとRの使い分けには練習が必要となってきます。

 

教材などを通して英語の発音記号をチェックしながら取り組むのも良いとは思いますが、
具体的な口の開け方や聞き取りとしての発音を学ぶ為には
やはり生の音声や動画が効率的に学べる手段となります。

 

発音記号ばかりにとらわれる事なく集中して細かい音声を聞き取るように努めるのも大切です。
Youtubeなどの動画で発音をチェックするだけで苦手な単語の矯正も出来るようになりますし、
単純に英語リスニング上達法としても使えます。

 

何しろ無料で学習出来ますのでYoutubeを使わない手はないと思います。
検索でEnglishと入力するとネイティブ講師がホワイトボードを使って分かりやすく
発音やグラマーなどを教えているものが多数見つかります。

 

また、リスニングの力を鍛えるためにCNNなどの海外のニュース番組をチェックするのもおすすめです。
TOEICテストなどのリスニングとは違い、リアルな会話のスピードに最初は圧倒されるかもしれませんが、
そのうち自然と耳が慣れてくるようになります。

 

また有名な聞き取り向上として映画を見ることも挙げられます。
最初は字幕無しで見て、その後は英語の字幕で再び見て自分が理解できなかった部分の穴埋めを図ります。

 

この段階で日本語に翻訳出来るように意識的に「勉強」として映画を見る事は
スキルアップへ大きく結びつきます。

 

最後に映画の内容を100%楽しむためにも
日本語字幕の3段階でひとつの映画を見るのも良い学習法だと思います。